メニューを開く 検索 ログイン

世界の認知症、2050年に1億5,000万人に

GBD2019

2022年01月11日 14:53

7名の医師が参考になったと回答 

イメージ画像 © Adobe Stock ※画像はイメージです

 世界疾病負担研究(GBD)2019の認知症予測研究者グループは、2050年における世界および地域、国別の認知症有病率を推算し、Lancet Public Health2022年1月6日オンライン版)に発表した。世界の認知症患者数は2019年の5,700万人から2050年には1億5,280万人へと約3倍に増加するとし、特にアフリカや中東で大幅に増加する一方、日本の増加率は世界で最も低いと推定した。

…会員の方はこちらからログイン

新規会員登録はこちら

注目コンテンツ

コメント機能は医師会員限定です

コメントの閲覧・書込みは医師会員限定となっております。

新規登録はこちら

ワンクリックアンケート

冬山登山で遭難。どう思う?

医師アクセスTOP10(当日)

ホーム »  医療ニュース »  2022年 »  脳・神経 »  世界の認知症、2050年に1億5,000万人に

医師限定新規ご登録キャンペーン!
今、会員登録いただくと
500円分のポイント進呈!

※既にご登録済みの方は対象外

本キャンペーンを適用するには
下記ボタンからご登録ください
もしくは下記コードを登録時にご入力

MOD 有効期限:1月末まで