メニューを開く 検索 ログイン

糖尿病で内視鏡後大腸がんリスク44%増

デンマーク・人口ベースのコホート研究

2022年01月12日 05:05

9名の医師が参考になったと回答 

 大腸内視鏡検査で病変が検出されなかった後に発生した大腸がんを内視鏡後大腸がん(PCCRC)という。デンマーク・Aarhus UniversityのFrederikke S. Troelsen氏らは、同国の全国患者登録データを用いPCCRCの発生リスクを検討。その結果、2型糖尿病でない者と比べ、2型糖尿病患者では初回検査後のPCCRC発生リスクが44%高かったとBMJ Open Gastro2021;8:e000786)に発表した。

…会員の方はこちらからログイン

新規会員登録はこちら

注目コンテンツ

コメント機能は医師会員限定です

コメントの閲覧・書込みは医師会員限定となっております。

新規登録はこちら

ワンクリックアンケート

ビールの苦み成分ホップが精神衛生に良いとの報告。食生活に生かす?

医師アクセスTOP10(当日)

ホーム »  医療ニュース »  2022年 »  糖尿病・内分泌 »  糖尿病で内視鏡後大腸がんリスク44%増

医師限定新規ご登録キャンペーン!
今、会員登録いただくと
500円分のポイント進呈!

※既にご登録済みの方は対象外

本キャンペーンを適用するには
下記ボタンからご登録ください
もしくは下記コードを登録時にご入力

MOD 有効期限:1月末まで