メニューを開く 検索 ログイン

リバーロキサバンの抗動脈硬化機序を解明

動脈硬化治療薬への応用に期待

2022年01月12日 16:30

2名の医師が参考になったと回答 

 近年の研究で、血液凝固第Ⅹ因子(FXa)にはトロンビン活性化を介した血液凝固促進作用に加え、プロテアーゼ活性化受容体(PAR)-2の活性化を介し、動脈硬化を促進する作用があることが分かっている(Circulation 2018; 138: 1706-1719)。また、経口直接型FXa阻害薬リバーロキサバンを動脈硬化症マウスモデルに投与すると、アテローム動脈硬化の進展が著明に抑制されるという報告もあるが(Atherosclerosis 2015; 242: 639-646)、これらの詳細な機序は明らかでなかった。東京医科歯科大学大学院循環制御内科学分野准教授の前嶋康浩氏らは、バイエル薬品との共同研究でリバーロキサバンがマクロファージにおけるオートファジーの活性化を介して炎症を抑制し、抗動脈硬化作用を発揮することを発見。J Am Coll Cardio Basic Trans Science2021; 6: 964-980)に発表し、動脈硬化治療薬として応用できる可能性を示した。

…会員の方はこちらからログイン

新規会員登録はこちら

注目コンテンツ

コメント機能は医師会員限定です

コメントの閲覧・書込みは医師会員限定となっております。

新規登録はこちら

ワンクリックアンケート

ビールの苦み成分ホップが精神衛生に良いとの報告。食生活に生かす?

医師アクセスTOP10(当日)

ホーム »  医療ニュース »  2022年 »  循環器 »  リバーロキサバンの抗動脈硬化機序を解明

医師限定新規ご登録キャンペーン!
今、会員登録いただくと
500円分のポイント進呈!

※既にご登録済みの方は対象外

本キャンペーンを適用するには
下記ボタンからご登録ください
もしくは下記コードを登録時にご入力

MOD 有効期限:1月末まで