メニューを開く 検索 ログイン

腰椎変性側弯症では体幹筋量が2.5倍速で減少

2022年01月12日 18:43

6名の医師が参考になったと回答 

 高齢化の進展に伴い患者が急増している腰椎変性側弯症(DLS)。骨格筋量との関係が注目されており、低体幹筋量はDLSの危険因子とされている。千葉大学病院整形外科の水谷雅哉氏は、特任准教授の江口和氏らとともにDLS患者を対象に行った縦断研究の結果を、第29回日本腰痛学会(2021年10月22~23日)で発表。「2年間の追跡の結果、40歳以上の女性DLS患者では対照群に比べ体幹筋量が約2.5倍の速度で減少していることが示された」と報告した。詳細はEur Spine J2022年1月12日オンライン版)に掲載された。

…会員の方はこちらからログイン

新規会員登録はこちら

注目コンテンツ

コメント機能は医師会員限定です

コメントの閲覧・書込みは医師会員限定となっております。

新規登録はこちら

ワンクリックアンケート

冬山登山で遭難。どう思う?

医師アクセスTOP10(当日)

ホーム »  医療ニュース »  2022年 »  運動器 »  腰椎変性側弯症では体幹筋量が2.5倍速で減少

医師限定新規ご登録キャンペーン!
今、会員登録いただくと
500円分のポイント進呈!

※既にご登録済みの方は対象外

本キャンペーンを適用するには
下記ボタンからご登録ください
もしくは下記コードを登録時にご入力

MOD 有効期限:1月末まで