メニューを開く 検索 ログイン

コロナ拡大の沖縄、7割ブレークスルー感染

オミクロン株は他の変異株に比べ潜伏期間短い

2022年01月12日 18:06

39名の医師が参考になったと回答 

 新型コロナウイルス(SARS-CoV-2)の感染者が急速な勢いで増加している沖縄県。玉城デニー沖縄県知事は「オミクロン株の感染力は驚異的」とのコメントを発表したが、国立感染症研究所(NIID)は今年(2022年)1月11日、同県でオミクロン株感染例を対象に実施された疫学調査の結果をウェブサイトで公表した(IASR 2022年1月11日速報)。オミクロン株感染確定例の潜伏期間は3日で、国内外から報告されている同株以外の変異株の4.8日または5.1日より短いことが明らかになった。感染から発症までの期間が短いという特徴から感染が早く広がる恐れがあり、急速な新型コロナウイルス感染症(COVID-19)患者数および濃厚接触者数の増加が予想される。感染確定例の66%はSARS-CoV-2ワクチンの2回接種完了例であり、ブレークスルー感染が主流を占めていることも分かった。

…会員の方はこちらからログイン

新規会員登録はこちら

注目コンテンツ

コメント機能は医師会員限定です

コメントの閲覧・書込みは医師会員限定となっております。

新規登録はこちら

ワンクリックアンケート

ビールの苦み成分ホップが精神衛生に良いとの報告。食生活に生かす?

医師アクセスTOP10(当日)

ホーム »  医療ニュース »  2022年 »  感染症 »  コロナ拡大の沖縄、7割ブレークスルー感染

医師限定新規ご登録キャンペーン!
今、会員登録いただくと
500円分のポイント進呈!

※既にご登録済みの方は対象外

本キャンペーンを適用するには
下記ボタンからご登録ください
もしくは下記コードを登録時にご入力

MOD 有効期限:1月末まで