メニューを開く 検索 ログイン

IARCが子宮頸がん検診の有効性を再評価

HPV核酸検査が最も効果的

2022年01月13日 18:40

19名の医師が参考になったと回答 

 世界保健機関(WHO)のがん研究専門機関である国際がん研究機関(IARC)は、子宮頸がん検診ハンドブックを改訂し、概要をN Engl J Med(2021; 385: 1908-1918)に発表した。同ハンドブックは、各種検診方法に基づく子宮頸がん罹患率・死亡率減少効果と不利益のエビデンスを評価したもので、2005年に初版が発表されて以降、新たなエビデンスが公表されたため再評価が必要とされていた。なおWHOは、同ハンドブックのレビュー結果を基に子宮頸がんのスクリーニングと治療に関するガイドラインを改訂した。 

※IARC子宮頸がん検診ハンドブック作業部会のメンバーで、帝京大学看護学科教授の濱島ちさと氏による解説はこちら

…会員の方はこちらからログイン

新規会員登録はこちら

AIAIおすすめの記事もどうぞ

コメントは医師会員限定です

医師によるコメントは会員医師のみが閲覧することができます

新規登録はこちら

医師閲覧TOP10

ワンクリックアンケート

経口中絶薬の服薬に「配偶者同意が必要」とする厚労省見解について

トップ »  医療ニュース »  2022年 »  がん »  IARCが子宮頸がん検診の有効性を再評価

医師の方限定!
初めてMedical Tribuneにご登録いただくと
500円分ポイントをもれなく進呈

上記ボタンもしくは下記コードを登録時にご入力

MOD543004 有効期限:5月末まで

既に会員の方、過去に利用された方は対象外