メニューを開く 検索 ログイン

SGLT2阻害薬で糖尿病の心血管死33%低減

RCT10件のメタ解析、65歳未満で高い有効性

2022年01月13日 05:05

6名の医師が参考になったと回答 

 SGLT2阻害薬は、心血管系の危険因子に焦点を当てた大規模ランダム化比較試験(RCT)により心保護作用を有することが相次いで報告されている。米・Southern Illinois University School of MedicineのMukul Bhattarai氏らは、SGLT2阻害薬の心血管疾患への有効性を評価するため、さまざまな背景を有する心血管疾患の高リスクの糖尿病患者を対象に、質の高い大規模RCT 10件のメタ解析を実施。その結果、SGLT2阻害薬群ではプラセボ群に比べ心血管死や心不全による入院が33%低減されたと、JAMA New Open2022; 5: e2142078)に発表した。サブ解析では、65歳以上の高齢者に比べ65歳未満でリスク低減効果が高いことも示された。

…会員の方はこちらからログイン

新規会員登録はこちら

注目コンテンツ

コメント機能は医師会員限定です

コメントの閲覧・書込みは医師会員限定となっております。

新規登録はこちら

ワンクリックアンケート

冬山登山で遭難。どう思う?

医師アクセスTOP10(当日)

ホーム »  医療ニュース »  2022年 »  循環器 »  SGLT2阻害薬で糖尿病の心血管死33%低減

医師限定新規ご登録キャンペーン!
今、会員登録いただくと
500円分のポイント進呈!

※既にご登録済みの方は対象外

本キャンペーンを適用するには
下記ボタンからご登録ください
もしくは下記コードを登録時にご入力

MOD 有効期限:1月末まで