メニューを開く 検索 ログイン

SGLT2阻害薬で糖尿病の心血管死33%低減

RCT10件のメタ解析、65歳未満で高い有効性

2022年01月13日 05:05

6名の医師が参考になったと回答 

 SGLT2阻害薬は、心血管系の危険因子に焦点を当てた大規模ランダム化比較試験(RCT)により心保護作用を有することが相次いで報告されている。米・Southern Illinois University School of MedicineのMukul Bhattarai氏らは、SGLT2阻害薬の心血管疾患への有効性を評価するため、さまざまな背景を有する心血管疾患の高リスクの糖尿病患者を対象に、質の高い大規模RCT 10件のメタ解析を実施。その結果、SGLT2阻害薬群ではプラセボ群に比べ心血管死や心不全による入院が33%低減されたと、JAMA New Open2022; 5: e2142078)に発表した。サブ解析では、65歳以上の高齢者に比べ65歳未満でリスク低減効果が高いことも示された。

…会員の方はこちらからログイン

新規会員登録はこちら

AIAIおすすめの記事もどうぞ

コメントは医師会員限定です

医師によるコメントは会員医師のみが閲覧することができます

新規登録はこちら

医師閲覧TOP10

ワンクリックアンケート

経口中絶薬の服薬に「配偶者同意が必要」とする厚労省見解について

トップ »  医療ニュース »  2022年 »  循環器 »  SGLT2阻害薬で糖尿病の心血管死33%低減

医師の方限定!
初めてMedical Tribuneにご登録いただくと
500円分ポイントをもれなく進呈

上記ボタンもしくは下記コードを登録時にご入力

MOD543274 有効期限:5月末まで

既に会員の方、過去に利用された方は対象外