メニューを開く 検索

トップ »  医療ニュース »  2022年 »  がん »  国内初、医師主導治験で治療薬・診断薬が同時承認

国内初、医師主導治験で治療薬・診断薬が同時承認

トラスツズマブ、唾液腺がんにも適応拡大

2022年01月13日 15:55

4名の医師が参考になったと回答 

 北海道大学病院は1月7日、同院の主導により実施した第Ⅱ相医師主導治験(HUON-003-01試験)の結果に基づき、HER2陽性の根治切除不能な進行・再発唾液腺がんに対する治療薬として抗HER2抗体トラスツズマブ(商品名ハーセプチン)が、同薬の適応判定を補助するコンパニオン診断薬としてベンタナultraViewパスウェー HER2(4B5)およびベンタナDISH HER2キットが、厚生労働省に同時承認されたと発表した。医師主導治験において、治療薬とコンパニオン診断薬が同時開発・同時薬事承認された例は国内初となる(関連記事「HER2陽性唾液腺がんへのトラスツズマブのコンパニオン診断薬が承認」)。

…続きを読むにはログイン

無料でいますぐ会員登録を行う

【医師限定】

初回登録で500円分のポイントをもれなく進呈!

(4月末迄/過去ご登録のある方を除く)

  • ・ ご利用無料、14.5万人の医師が利用
  • ・ 医学・医療の最新ニュースを毎日お届け
  • ・ ギフト券に交換可能なポイントプログラム
  • ・ 独自の特集・連載、学会レポートなど充実のコンテンツ

ワンクリックアンケート

グーグルマップに医療機関への不当な投稿問題、どう考える?

トップ »  医療ニュース »  2022年 »  がん »  国内初、医師主導治験で治療薬・診断薬が同時承認