メニューを開く 検索 ログイン

ALSへのエダラボンの併用、効果示せず

リルゾールへの上乗せ

2022年01月14日 10:55

13名の医師が参考になったと回答 

 ドイツ・Ulm UniversityのSimon Witzel氏らは、筋萎縮性側索硬化症(ALS)患者を対象にした多施設コホート研究で、リルゾール単独投与の標準治療に上乗せしたエダラボン長期静脈内投与の有効性と安全性を検証。その結果、エダラボン長期静脈内投与の高い忍容性が示された一方で、疾患進行率、人工呼吸器装着までの期間、生存率については標準治療に対し有意差は認められなかったとJAMA Neurol2022年1月10日オンライン版)に発表した。

…会員の方はこちらからログイン

新規会員登録はこちら

注目コンテンツ

コメント機能は医師会員限定です

コメントの閲覧・書込みは医師会員限定となっております。

新規登録はこちら

ワンクリックアンケート

ビールの苦み成分ホップが精神衛生に良いとの報告。食生活に生かす?

医師アクセスTOP10(当日)

ホーム »  医療ニュース »  2022年 »  脳・神経 »  ALSへのエダラボンの併用、効果示せず

医師限定新規ご登録キャンペーン!
今、会員登録いただくと
500円分のポイント進呈!

※既にご登録済みの方は対象外

本キャンペーンを適用するには
下記ボタンからご登録ください
もしくは下記コードを登録時にご入力

MOD 有効期限:1月末まで