メニューを開く 検索 ログイン

妊婦にコロナワクチン、早産などと関連なし

米・4万例超の後ろ向きコホート研究

2022年01月14日 17:58

2名の医師が参考になったと回答 

 米・Yale UniversityのHeather S. Lipkind氏らは、同国の妊婦4万例超を対象にした後ろ向きコホート研究で妊婦への新型コロナウイルス(SARS-CoV-2)ワクチン接種の安全性を検証。その結果、同ワクチン接種による早産または在胎不当過小(SGA)のリスク上昇は認められなかったと米疾病対策センター(CDC)のMMWR Morb Mortal Wkly Rep2022; 71: 26-30)に発表した。CDCは妊娠中または最近妊娠していた女性(授乳中の女性を含む)、現在妊娠を考えているか将来妊娠の可能性がある女性に対し同ワクチンの接種を推奨している(関連記事「コロナワクチン、重大な産科的症状は1%未満」)。

…会員の方はこちらからログイン

新規会員登録はこちら

注目コンテンツ

コメント機能は医師会員限定です

コメントの閲覧・書込みは医師会員限定となっております。

新規登録はこちら

ワンクリックアンケート

ビールの苦み成分ホップが精神衛生に良いとの報告。食生活に生かす?

医師アクセスTOP10(当日)

ホーム »  医療ニュース »  2022年 »  感染症 »  妊婦にコロナワクチン、早産などと関連なし

医師限定新規ご登録キャンペーン!
今、会員登録いただくと
500円分のポイント進呈!

※既にご登録済みの方は対象外

本キャンペーンを適用するには
下記ボタンからご登録ください
もしくは下記コードを登録時にご入力

MOD 有効期限:1月末まで