メニューを開く 検索 ログイン

妊婦にコロナワクチン、早産などと関連なし

米・4万例超の後ろ向きコホート研究

2022年01月14日 17:58

3名の医師が参考になったと回答 

 米・Yale UniversityのHeather S. Lipkind氏らは、同国の妊婦4万例超を対象にした後ろ向きコホート研究で妊婦への新型コロナウイルス(SARS-CoV-2)ワクチン接種の安全性を検証。その結果、同ワクチン接種による早産または在胎不当過小(SGA)のリスク上昇は認められなかったと米疾病対策センター(CDC)のMMWR Morb Mortal Wkly Rep2022; 71: 26-30)に発表した。CDCは妊娠中または最近妊娠していた女性(授乳中の女性を含む)、現在妊娠を考えているか将来妊娠の可能性がある女性に対し同ワクチンの接種を推奨している(関連記事「コロナワクチン、重大な産科的症状は1%未満」)。

…会員の方はこちらからログイン

新規会員登録はこちら

AIAIおすすめの記事もどうぞ

コメントは医師会員限定です

医師によるコメントは会員医師のみが閲覧することができます

新規登録はこちら

医師閲覧TOP10

ワンクリックアンケート

経口中絶薬の服薬に「配偶者同意が必要」とする厚労省見解について

トップ »  医療ニュース »  2022年 »  感染症 »  妊婦にコロナワクチン、早産などと関連なし

医師の方限定!
初めてMedical Tribuneにご登録いただくと
500円分ポイントをもれなく進呈

上記ボタンもしくは下記コードを登録時にご入力

MOD543361 有効期限:5月末まで

既に会員の方、過去に利用された方は対象外