メニューを開く 検索 ログイン

鼻からワクチン、治験へ コロナ、23年申請目指す―アイロムG〔時事メディカル〕

2022年01月14日 16:43

4名の医師が参考になったと回答 

 臨床試験(治験)支援を手掛けるアイロムグループは14日、子会社のIDファーマ(東京)が開発する新型コロナウイルスワクチンについて、今年春から追加接種用として治験を開始すると発表した。鼻の中に噴霧するタイプで、2023年の承認申請を目指す。

 IDファーマのワクチンは、別のウイルスの外殻を運び屋として使う「ウイルスベクターワクチン」。同社は鼻からの投与により、発症や重症化を予防するだけではなく、感染を防ぐ粘膜免疫を得られると期待している。

 経鼻ワクチンは国内では塩野義製薬も22年度の治験入りを目指し、研究開発を進めている。

(2022年1月14日 時事メディカル)

…会員の方はこちらからログイン

新規会員登録はこちら

注目コンテンツ

コメント機能は医師会員限定です

コメントの閲覧・書込みは医師会員限定となっております。

新規登録はこちら

ワンクリックアンケート

ビールの苦み成分ホップが精神衛生に良いとの報告。食生活に生かす?

医師アクセスTOP10(当日)

ホーム »  医療ニュース »  2022年 »  時事メディカル »  鼻からワクチン、治験へ コロナ、23年申請目指す―アイロムG〔時事メディカル〕

医師限定新規ご登録キャンペーン!
今、会員登録いただくと
500円分のポイント進呈!

※既にご登録済みの方は対象外

本キャンペーンを適用するには
下記ボタンからご登録ください
もしくは下記コードを登録時にご入力

MOD 有効期限:1月末まで