メニューを開く 検索 ログイン

蛋白質摂取増で女性の肺炎死亡リスク低下

2022年01月16日 05:00

7名の医師が参考になったと回答 

 国立がん研究センターがん対策研究所のグループは、一般住民を対象に、動物性/植物性蛋白質および総蛋白質摂取量と肺炎死亡リスクとの関連を調査した結果をAm J Clin Nutr2021年12月16日オンライン版)に発表した。女性では、総エネルギー摂取量に対する総蛋白質摂取量の割合が高いほど、肺炎死亡リスクが低かったという。

…会員の方はこちらからログイン

新規会員登録はこちら

AIAIおすすめの記事もどうぞ

コメントは医師会員限定です

医師によるコメントは会員医師のみが閲覧することができます

新規登録はこちら

医師閲覧TOP10

ワンクリックアンケート

先生の1日の平均睡眠時間は?

トップ »  医療ニュース »  2022年 »  糖尿病・内分泌 »  蛋白質摂取増で女性の肺炎死亡リスク低下

医師の方限定!
初めてMedical Tribuneにご登録いただくと
500円分ポイントをもれなく進呈

上記ボタンもしくは下記コードを登録時にご入力

MOD543351 有効期限:5月末まで

既に会員の方、過去に利用された方は対象外