メニューを開く 検索 ログイン

妊娠高血圧腎症、早発/遅発型の区別を

内科との連携推進を提言

2022年01月17日 16:15

5名の医師が参考になったと回答 

 妊娠高血圧症候群(HDP)の中でも蛋白尿や各種の臓器障害を伴う妊娠高血圧腎症(PE)は、世界で1年当たり約7万6,000人の妊産婦の死因となるなど、予後不良の疾患として知られる。確立された治療法は存在しないが、近年病態が明らかになりつつあり、予知・予防法の検討も進展している。第41回日本妊娠高血圧学会(JSSHP 2021、2021年12月24〜25日、ウェブ併催)で富山大学学長の齋藤滋氏は、PEの病態から見た最新の研究成果を紹介。「PEは早発型と遅発型で病態が異なる点を理解した上で、予知法、予防法、治療法を論じるべき」と述べた。

…会員の方はこちらからログイン

新規会員登録はこちら

AIAIおすすめの記事もどうぞ

コメントは医師会員限定です

医師によるコメントは会員医師のみが閲覧することができます

新規登録はこちら

医師閲覧TOP10

ワンクリックアンケート

先生の1日の平均睡眠時間は?

トップ »  医療ニュース »  2022年 »  女性疾患・周産期 »  妊娠高血圧腎症、早発/遅発型の区別を

医師の方限定!
初めてMedical Tribuneにご登録いただくと
500円分ポイントをもれなく進呈

上記ボタンもしくは下記コードを登録時にご入力

MOD543237 有効期限:5月末まで

既に会員の方、過去に利用された方は対象外