メニューを開く 検索 ログイン

PRP上清の椎間板内投与で腰痛が改善

2022年01月17日 05:00

4名の医師が参考になったと回答 

 多血小板血漿(PRP)は全血から遠心分離される血漿の一部で、血小板の成長因子が高濃度に凝集されていることから組織修復能力に優れると考えられ、再生医療として臨床現場において利用されている(保険適用外)。三重大学大学院運動器外科学講師の明田浩司氏は、第29回日本腰痛学会(2021年10月22~23日、ウェブ併催)でPRP治療について紹介し、「PRP上清の椎間板内投与による腰痛の改善効果を確認した」と報告した。

…会員の方はこちらからログイン

新規会員登録はこちら

AIAIおすすめの記事もどうぞ

コメントは医師会員限定です

医師によるコメントは会員医師のみが閲覧することができます

新規登録はこちら

医師閲覧TOP10

ワンクリックアンケート

先生の1日の平均睡眠時間は?

トップ »  医療ニュース »  2022年 »  運動器 »  PRP上清の椎間板内投与で腰痛が改善

医師の方限定!
初めてMedical Tribuneにご登録いただくと
500円分ポイントをもれなく進呈

上記ボタンもしくは下記コードを登録時にご入力

MOD543329 有効期限:5月末まで

既に会員の方、過去に利用された方は対象外