メニューを開く 検索 ログイン

小児のMIS-C、トジナメランで91%予防

2022年01月17日 05:05

10名の医師が参考になったと回答 

 小児多系統炎症性症候群(multisystem inflammatory syndrome in children;MIS-C)は、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)に罹患した小児において川崎病様の症状を呈する新しい疾患である。MIS-Cに対するワクチンの有効性については不明点が多かったが、米疾病対策センター(CDC) COVID-19 Response TeamのLaura D. Zambrano氏らは、ファイザー製メッセンジャーRNA(mRNA)ワクチン(トジナメラン)2回接種により、91%のMIS-C予防効果が認められたと報告した(MMWR Morb Mortal Wkly Rep 2021年1月7日オンライン版)。(関連記事:「小児コロナ関連疾患MIS-Cの診療ポイント」

…会員の方はこちらからログイン

新規会員登録はこちら

AIAIおすすめの記事もどうぞ

コメントは医師会員限定です

医師によるコメントは会員医師のみが閲覧することができます

新規登録はこちら

医師閲覧TOP10

ワンクリックアンケート

先生の1日の平均睡眠時間は?

トップ »  医療ニュース »  2022年 »  感染症 »  小児のMIS-C、トジナメランで91%予防

医師の方限定!
初めてMedical Tribuneにご登録いただくと
500円分ポイントをもれなく進呈

上記ボタンもしくは下記コードを登録時にご入力

MOD543354 有効期限:5月末まで

既に会員の方、過去に利用された方は対象外