メニューを開く 検索 ログイン

難聴+視力障害で全死亡リスク40%上昇

心血管死亡リスクは86%上昇

2022年01月18日 05:15

1名の医師が参考になったと回答 

イメージ画像 © Adobe Stock※画像はイメージです

 シンガポール・National University of SingaporeのBenjamin K.J.Tan氏らは、難聴や視力障害と死亡リスクとの関連を調べるため、約120万例が参加した26件の観察研究のシステマチックレビューおよびメタ解析を実施。その結果、聴覚と視力障害が併存する「二重感覚喪失」があると全死亡リスクが40%、心血管死亡リスクが86%上昇することが分かったと、JAMA Otolaryngol Head Neck Surg2021年12月30日オンライン版)に発表した。難聴のある患者、特に視力障害が併存している場合には、プライマリケアで定期的にフォローアップし、健康状態を評価する必要があるとしている。

…会員の方はこちらからログイン

新規会員登録はこちら

AIAIおすすめの記事もどうぞ

コメントは医師会員限定です

医師によるコメントは会員医師のみが閲覧することができます

新規登録はこちら

医師閲覧TOP10

ワンクリックアンケート

先生の1日の平均睡眠時間は?

トップ »  医療ニュース »  2022年 »  耳鼻咽喉 »  難聴+視力障害で全死亡リスク40%上昇

医師の方限定!
初めてMedical Tribuneにご登録いただくと
500円分ポイントをもれなく進呈

上記ボタンもしくは下記コードを登録時にご入力

MOD543373 有効期限:5月末まで

既に会員の方、過去に利用された方は対象外