メニューを開く 検索 ログイン

AFアブレーションの合併症、過去10年で減少

オセアニアの調査

2022年01月18日 05:20

1名の医師が参考になったと回答 

 心房細動(AF)に対するカテーテルアブレーションは、デバイスの選択肢の増加や手技向上などで安全性が高まっていると考えられる一方、米国では近年、合併症発生率や死亡率が高まっているという報告があり(J Am Coll Cardiol 2019; 74: 2254-2264J Cardiovasc Electrophysiol 2018; 29: 715-724)、一致した見解は得られていない。オーストラリア・University of QueenslandのLinh Ngo氏らの研究グループは、同国およびニュージーランドにおけるAFアブレーションの過去10年の推移を調査し、両国では合併症が低下していることをEur Heart J Qual Care Clin Outcomes2022年1月4日オンライン版)に発表した。

…会員の方はこちらからログイン

新規会員登録はこちら

AIAIおすすめの記事もどうぞ

コメントは医師会員限定です

医師によるコメントは会員医師のみが閲覧することができます

新規登録はこちら

医師閲覧TOP10

ワンクリックアンケート

先生の1日の平均睡眠時間は?

トップ »  医療ニュース »  2022年 »  臨床医学 »  AFアブレーションの合併症、過去10年で減少

医師の方限定!
初めてMedical Tribuneにご登録いただくと
500円分ポイントをもれなく進呈

上記ボタンもしくは下記コードを登録時にご入力

MOD543375 有効期限:5月末まで

既に会員の方、過去に利用された方は対象外