メニューを開く 検索 ログイン

がん免疫療法、皮膚有害事象が死亡率と関連

治療反応性の指標になる可能性も

2022年01月18日 18:00

13名の医師が参考になったと回答 

 免疫チェックポイント阻害薬(ICI)は、がん治療に革新的な進歩をもたらしたが、3分の1を超える患者で免疫関連有害事象(irAE)が発現し、特に皮膚関連のirAE(cirAE)が頻発(発現率20~40%)することが問題となっている。米・Massachusetts General HospitalのKimberly Tang氏らは、ICI投与開始後にcirAEが発現した患者群と発現しなかった対照群(各7,008例)を対象にした後ろ向きコホート研究でcirAE発現と死亡率の関連を検討。その結果、ICI投与開始後6カ月時点の解析で、cirAEの発現が死亡率に強く関連することが示されたとJAMA Dermatol2022年1月12日オンライン版)に発表した。

…会員の方はこちらからログイン

新規会員登録はこちら

AIAIおすすめの記事もどうぞ

コメントは医師会員限定です

医師によるコメントは会員医師のみが閲覧することができます

新規登録はこちら

医師閲覧TOP10

ワンクリックアンケート

先生の1日の平均睡眠時間は?

トップ »  医療ニュース »  2022年 »  がん »  がん免疫療法、皮膚有害事象が死亡率と関連

医師の方限定!
初めてMedical Tribuneにご登録いただくと
500円分ポイントをもれなく進呈

上記ボタンもしくは下記コードを登録時にご入力

MOD543396 有効期限:5月末まで

既に会員の方、過去に利用された方は対象外