メニューを開く 検索 ログイン

新規TNF阻害薬がMTX非奏効例に有効

第Ⅱ/Ⅲ相臨床試験の中間解析結果

2022年01月19日 05:15

8名の医師が参考になったと回答 

 メトトレキサート(MTX)による治療にもかかわらず疾患活動性を有する関節リウマチ(RA)患者に対し、新規TNF阻害薬ozoralizumabの有用性が示された。慶應義塾大学名誉教授の竹内勤氏は、第36回日本臨床リウマチ学会(2021年12月18~19日)で同薬の第Ⅱ/Ⅲ相臨床試験OHZORA Trialについて中間解析結果を報告。同薬を4週に1回皮下投与することで、プラセボ群に比べ臨床症状などが有意に改善したという。

…会員の方はこちらからログイン

新規会員登録はこちら

AIAIおすすめの記事もどうぞ

コメントは医師会員限定です

医師によるコメントは会員医師のみが閲覧することができます

新規登録はこちら

医師閲覧TOP10

ワンクリックアンケート

経口中絶薬の服薬に「配偶者同意が必要」とする厚労省見解について

トップ »  医療ニュース »  2022年 »  リウマチ・膠原病 »  新規TNF阻害薬がMTX非奏効例に有効

医師の方限定!
初めてMedical Tribuneにご登録いただくと
500円分ポイントをもれなく進呈

上記ボタンもしくは下記コードを登録時にご入力

MOD543379 有効期限:5月末まで

既に会員の方、過去に利用された方は対象外