メニューを開く 検索

トップ »  医療ニュース »  2022年 »  リウマチ・膠原病 »  リウマチ診療上の新型コロナリスクを検討

リウマチ診療上の新型コロナリスクを検討

2022年01月19日 16:51

6名の医師が参考になったと回答 

 2022年に入っても、日本国内では第六波と称される新型コロナウイルス(SARS-Cov-2)の感染拡大が続いている。日常臨床においては、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)自体はもちろん、COVID-19が他疾患に及ぼすリスクにも注意を払う必要がある。第36回日本臨床リウマチ学会(2021年12月18~19日)では、慶應義塾大学名誉教授の竹内勤氏が、リウマチ・膠原病診療医として把握しておくべきCOVID-19のリスクについて概説した。

…続きを読むにはログイン

無料でいますぐ会員登録を行う

【医師限定】

初回登録で500円分のポイントをもれなく進呈!

(4月末迄/過去ご登録のある方を除く)

  • ・ ご利用無料、14.5万人の医師が利用
  • ・ 医学・医療の最新ニュースを毎日お届け
  • ・ ギフト券に交換可能なポイントプログラム
  • ・ 独自の特集・連載、学会レポートなど充実のコンテンツ

ワンクリックアンケート

グーグルマップに医療機関への不当な投稿問題、どう考える?

トップ »  医療ニュース »  2022年 »  リウマチ・膠原病 »  リウマチ診療上の新型コロナリスクを検討