メニューを開く 検索 ログイン

リウマチ診療上の新型コロナリスクを検討

2022年01月19日 16:51

2名の医師が参考になったと回答 

 2022年に入っても、日本国内では第六波と称される新型コロナウイルス(SARS-Cov-2)の感染拡大が続いている。日常臨床においては、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)自体はもちろん、COVID-19が他疾患に及ぼすリスクにも注意を払う必要がある。第36回日本臨床リウマチ学会(2021年12月18~19日)では、慶應義塾大学名誉教授の竹内勤氏が、リウマチ・膠原病診療医として把握しておくべきCOVID-19のリスクについて概説した。

…会員の方はこちらからログイン

新規会員登録はこちら

AIAIおすすめの記事もどうぞ

コメントは医師会員限定です

医師によるコメントは会員医師のみが閲覧することができます

新規登録はこちら

医師閲覧TOP10

ワンクリックアンケート

先生の1日の平均睡眠時間は?

トップ »  医療ニュース »  2022年 »  リウマチ・膠原病 »  リウマチ診療上の新型コロナリスクを検討

医師の方限定!
初めてMedical Tribuneにご登録いただくと
500円分ポイントをもれなく進呈

上記ボタンもしくは下記コードを登録時にご入力

MOD543392 有効期限:5月末まで

既に会員の方、過去に利用された方は対象外