メニューを開く 検索 ログイン

うつぶせテストで腰痛運動療法の効果を予測

2022年01月19日 05:05

12名の医師が参考になったと回答 

 腰痛を発生させる要因の1つである成人脊柱変形(ASD)に対する治療は、運動療法を含む保存療法が第一選択とされている。福島県立医科大学会津医療センター整形外科の佐藤圭汰氏は、ASD患者に対する運動療法実施前のうつぶせテストの結果から、運動療法の効果を予測できるか検討。第29回日本腰痛学会(2021年10月22~23日、ウェブ併催)で「うつぶせテストで運動療法によるQOLの改善を予測できる」と報告した。

…会員の方はこちらからログイン

新規会員登録はこちら

AIAIおすすめの記事もどうぞ

コメントは医師会員限定です

医師によるコメントは会員医師のみが閲覧することができます

新規登録はこちら

医師閲覧TOP10

ワンクリックアンケート

先生の1日の平均睡眠時間は?

トップ »  医療ニュース »  2022年 »  運動器 »  うつぶせテストで腰痛運動療法の効果を予測

医師の方限定!
初めてMedical Tribuneにご登録いただくと
500円分ポイントをもれなく進呈

上記ボタンもしくは下記コードを登録時にご入力

MOD543393 有効期限:5月末まで

既に会員の方、過去に利用された方は対象外