メニューを開く 検索 ログイン

コロナ重症患者のECMO治療、データで円滑化

ICU情報探索システムの有用性を説明

2022年01月20日 05:00

 新型コロナウイルス感染症(COVID-19)重症例に使用する体外式膜型人工肺(ECMO)を適切かつ円滑に運用するためには、全国の医療施設における集中治療室(ICU)で治療を受けている患者の詳細なデータベースが欠かせない。京都府立医科大学病院集中治療部部長で日本集中治療医学会常務理事の橋本悟氏は、自身が構築に携わった横断的ICU情報探索システム(CRoss Icu Searchable Information System;CRISIS)の概要や有用性について、第41回医療情報学連合大会(2021年11月18~21日、ウェブ併催)で説明した。

…会員の方はこちらからログイン

新規会員登録はこちら

AIAIおすすめの記事もどうぞ

コメントは医師会員限定です

医師によるコメントは会員医師のみが閲覧することができます

新規登録はこちら

医師閲覧TOP10

ワンクリックアンケート

先生の1日の平均睡眠時間は?

トップ »  医療ニュース »  2022年 »  感染症 »  コロナ重症患者のECMO治療、データで円滑化

医師の方限定!
初めてMedical Tribuneにご登録いただくと
500円分ポイントをもれなく進呈

上記ボタンもしくは下記コードを登録時にご入力

MOD543394 有効期限:5月末まで

既に会員の方、過去に利用された方は対象外