メニューを開く 検索 ログイン

若年VTEの抗凝固療法、6週間でも有効

標準の3カ月間に対し非劣性

2022年01月20日 05:05

2名の医師が参考になったと回答 

イメージ画像 © Adobe Stock ※画像はイメージです

 入院、外傷、中心静脈カテーテル挿入などで静脈血栓塞栓症(provoked VTE)が誘発されるリスクがある患者に対しては標準治療として3カ月間の抗凝固療法が推奨されているが、21歳未満の若年患者において6週間に短縮した治療の標準治療に対する非劣性が示された。米・Johns Hopkins All Children's HospitalのNeil A. Goldenberg氏らが、provoked VTE患者417例を対象にしたランダム化比較試験で検討した結果、6週間と3カ月間の抗凝固療法で1年以内のVTE再発および臨床的に重要な出血のリスクに有意差はなかったとJAMA2022; 327: 129-137)に発表した。

…会員の方はこちらからログイン

新規会員登録はこちら

AIAIおすすめの記事もどうぞ

コメントは医師会員限定です

医師によるコメントは会員医師のみが閲覧することができます

新規登録はこちら

医師閲覧TOP10

ワンクリックアンケート

経口中絶薬の服薬に「配偶者同意が必要」とする厚労省見解について

トップ »  医療ニュース »  2022年 »  循環器 »  若年VTEの抗凝固療法、6週間でも有効

医師の方限定!
初めてMedical Tribuneにご登録いただくと
500円分ポイントをもれなく進呈

上記ボタンもしくは下記コードを登録時にご入力

MOD543449 有効期限:5月末まで

既に会員の方、過去に利用された方は対象外