メニューを開く 検索 ログイン

宮坂昌之氏がmRNAワクチンの効果を解説

SARS-CoV-2に対する防御免疫

2022年01月20日 18:06

39名の医師が参考になったと回答 

 大阪大学フロンティア研究センター招へい教授の宮坂昌之氏は、感染症における免疫の働きおよび新型コロナウイルス(SARS-CoV-2)ワクチンの効果について第49回日本臨床免疫学会(2021年10月28〜30日、ウェブ併催)で解説。「mRNAワクチンは強い免疫反応を誘導し、ワクチン接種により感染、発症、重症化の予防ができる。持続性は不明だが、変異株に対しても一定の効果が見込まれる」と述べた。

…会員の方はこちらからログイン

新規会員登録はこちら

AIAIおすすめの記事もどうぞ

コメントは医師会員限定です

医師によるコメントは会員医師のみが閲覧することができます

新規登録はこちら

医師閲覧TOP10

ワンクリックアンケート

先生の1日の平均睡眠時間は?

トップ »  医療ニュース »  2022年 »  感染症 »  宮坂昌之氏がmRNAワクチンの効果を解説

医師の方限定!
初めてMedical Tribuneにご登録いただくと
500円分ポイントをもれなく進呈

上記ボタンもしくは下記コードを登録時にご入力

MOD543509 有効期限:5月末まで

既に会員の方、過去に利用された方は対象外