メニューを開く 検索 ログイン

英、コロナ規制の大半解除 隔離義務の廃止も示唆〔時事メディカル〕

2022年01月20日 10:48

2名の医師が参考になったと回答 

 【ロンドン時事】ジョンソン英首相は19日、下院で演説し、イングランドで実施されている新型コロナウイルス関連規制の大半を解除すると発表した。感染者に義務付けている自主隔離は維持するが、3月にもこれを廃止したい考えも示唆した。変異株「オミクロン株」の拡散を受けて規制を強化したが、ワクチンの追加接種が進んだことで緩和するという。

 20日から段階的に、公共交通機関や学校などでのマスク着用義務を廃止するほか、ナイトクラブ入店時のワクチン接種証明の提示をなくす。在宅勤務の推奨も打ち切る。

 ジョンソン氏はその上で、「インフルエンザに感染しても隔離する義務がないように、新型コロナの自主隔離の義務を完全に取り除く時が近く来るだろう」と表明。3月24日に期限を迎える自主隔離の現行規制について、「その時点で更新しないことを強く望む」と語った。

 具体的には、感染者に少なくとも5日間の自主隔離を義務付けている現行の規制をやめ、他人への配慮や注意を促す勧告や指針に置き換える案を示した。

 19日の新型コロナの1日当たりの新規感染者数は約10万8000人で、ピーク時の半分以下に減少した。ただ、医療機関への負荷はなお続いており、解除は時期尚早だとの声も一部に出ている。

(2022年1月20日 時事メディカル)

…会員の方はこちらからログイン

新規会員登録はこちら

AIAIおすすめの記事もどうぞ

コメントは医師会員限定です

医師によるコメントは会員医師のみが閲覧することができます

新規登録はこちら

医師閲覧TOP10

ワンクリックアンケート

経口中絶薬の服薬に「配偶者同意が必要」とする厚労省見解について

トップ »  医療ニュース »  2022年 »  時事メディカル »  英、コロナ規制の大半解除 隔離義務の廃止も示唆〔時事メディカル〕

医師の方限定!
初めてMedical Tribuneにご登録いただくと
500円分ポイントをもれなく進呈

上記ボタンもしくは下記コードを登録時にご入力

MOD543580 有効期限:5月末まで

既に会員の方、過去に利用された方は対象外