メニューを開く 検索 ログイン

血管性認知症に片頭痛が関連、発作予防が鍵

2022年01月21日 13:33

10名の医師が参考になったと回答 

 片頭痛と認知症との関連を検討する多くの研究が国内外で行われている中、田附興風会医学研究所北野病院(大阪市)脳神経内科主任部長の髙橋牧郎氏は、第49回日本頭痛学会(2021年11月19~21日、ウェブ併催)で「認知症疾患と頭痛の関連」と題して講演。同氏は前兆のある片頭痛は脳卒中のリスクであり、血管性認知症(VaD)との関連も報告されていると指摘。「頭痛発作の予防を含めた認知症危険因子を管理することが将来の認知症の発症、進展抑制に重要」との考えを示した。

…会員の方はこちらからログイン

新規会員登録はこちら

AIAIおすすめの記事もどうぞ

コメントは医師会員限定です

医師によるコメントは会員医師のみが閲覧することができます

新規登録はこちら

医師閲覧TOP10

ワンクリックアンケート

先生の1日の平均睡眠時間は?

トップ »  医療ニュース »  2022年 »  脳・神経 »  血管性認知症に片頭痛が関連、発作予防が鍵

医師の方限定!
初めてMedical Tribuneにご登録いただくと
500円分ポイントをもれなく進呈

上記ボタンもしくは下記コードを登録時にご入力

MOD543405 有効期限:5月末まで

既に会員の方、過去に利用された方は対象外