メニューを開く 検索 ログイン

心疾患患者、向精神薬使用で死亡リスク2倍に

2022年01月25日 05:00

5名の医師が参考になったと回答 

 心疾患患者では、合併する精神疾患に向精神薬を使用することが珍しくなく、これらの患者では死亡リスクが高まるとされる。デンマーク・ Copenhagen University HospitalのPernille Fevejle Cromhout氏らのグループは、心疾患患者における不安症状と向精神薬の使用が死亡リスクに与える影響を検証。向精神薬を処方された患者では死亡リスクが約2倍であったと、Eur J Cardiovasc Nurs2021年11月23日オンライン版)に発表した。

…会員の方はこちらからログイン

新規会員登録はこちら

AIAIおすすめの記事もどうぞ

コメントは医師会員限定です

医師によるコメントは会員医師のみが閲覧することができます

新規登録はこちら

医師閲覧TOP10

ワンクリックアンケート

経口中絶薬の服薬に「配偶者同意が必要」とする厚労省見解について

トップ »  医療ニュース »  2022年 »  臨床医学 »  心疾患患者、向精神薬使用で死亡リスク2倍に

医師の方限定!
初めてMedical Tribuneにご登録いただくと
500円分ポイントをもれなく進呈

上記ボタンもしくは下記コードを登録時にご入力

MOD543610 有効期限:5月末まで

既に会員の方、過去に利用された方は対象外