メニューを開く 検索

週4時間の運動でパーキンソン病進行を抑制

2022年01月26日 05:05

6名の医師が参考になったと回答 

イメージ画像 © Adobe Stock ※画像はイメージです

 早期のパーキンソン病(PD)者における運動の長期的効果が示された。京都大学大学院臨床神経学の月田和人氏らは、国際多施設共同観察研究Parkinson's Progression Markers Initiative(PPMI)のデータを用いて日常的な身体活動や運動習慣とPDの進行との関係を検討した結果をNeurology2022年1月13日オンライン版)に発表。「家事やウォーキング、ダンスなど中等度の運動を少なくとも週4時間行うことで5年後の歩行・姿勢の安定の低下が抑制できる。PDの進行を抑制するには、運動を継続することが重要であり、運動を開始するのに遅過ぎることはない」と述べている。

…続きを読むにはログイン

新規会員登録はこちら

医師限定!初めてMedical Tribuneにご登録いただくと
500円分のポイントをもれなく進呈!
[有効期限]8月末まで/[対象外]既に会員の方、過去に利用された方

AIAIおすすめの記事もどうぞ

医師閲覧TOP10

ワンクリックアンケート

コロナ第7波到来。今年のお盆の予定は...

トップ »  医療ニュース »  2022年 »  脳・神経 »  週4時間の運動でパーキンソン病進行を抑制