メニューを開く 検索

診断名にとらわれない認知行動療法が有効

2022年01月26日 05:10

4名の医師が参考になったと回答 

 うつや不安障害に対する治療の1つである認知行動療法。現在はそれぞれの精神疾患や障害に特化して行うのが一般的だが、異なる診断の背景には共通する病因や症状が見られることから、近年、診断名にとらわれない認知行動療法が注目されている。国立精神・神経医療センター(NCNP)認知行動療法センター部長の伊藤正哉氏らは「感情障害に対する診断を越えた治療のための統一プロトコル」(Unified Protocol;UP)の有効性を検討。通常治療にUPを加えた患者では、より大きな回復が確認されたことをPsychol Med2022年1月10日オンライン版)に発表した。

…続きを読むにはログイン

新規会員登録はこちら

医師限定!初めてMedical Tribuneにご登録いただくと
500円分のポイントをもれなく進呈!
[有効期限]8月末まで/[対象外]既に会員の方、過去に利用された方

AIAIおすすめの記事もどうぞ

医師閲覧TOP10

ワンクリックアンケート

コロナ第7波到来。今年のお盆の予定は...

トップ »  医療ニュース »  2022年 »  精神疾患 »  診断名にとらわれない認知行動療法が有効