メニューを開く 検索 ログイン

努力義務の審議は継続 公費負担の方向性了承―小児ワクチン・厚労省〔時事メディカル〕

2022年01月26日 14:40

1名の医師が参考になったと回答 

 厚生労働省の分科会は26日、5~11歳の小児を対象とした米ファイザー製の新型コロナウイルスワクチンについて、保護者へ接種の努力義務を課すかどうかを議論した。審議では結論は出ず、引き続き検討することとなった。公費で無料になる「臨時接種」に位置付け、国や自治体が準備を進めていくことは了承した。

 厚労省は21日、ファイザー製の小児用ワクチンを特例承認。ワクチン輸入は2月を予定しており、3月にも小児への接種を開始するとしている。

 12歳以上のコロナワクチンは、予防接種法上の臨時接種に位置付けられており、妊婦を除き接種の努力義務が課されている。努力義務の有無にかかわらず、接種は強制されず、希望すれば無料で受けられる。

(2022年1月26日 時事メディカル)

…会員の方はこちらからログイン

新規会員登録はこちら

AIAIおすすめの記事もどうぞ

コメントは医師会員限定です

医師によるコメントは会員医師のみが閲覧することができます

新規登録はこちら

医師閲覧TOP10

ワンクリックアンケート

先生の1日の平均睡眠時間は?

トップ »  医療ニュース »  2022年 »  時事メディカル »  努力義務の審議は継続 公費負担の方向性了承―小児ワクチン・厚労省〔時事メディカル〕

医師の方限定!
初めてMedical Tribuneにご登録いただくと
500円分ポイントをもれなく進呈

上記ボタンもしくは下記コードを登録時にご入力

MOD544037 有効期限:5月末まで

既に会員の方、過去に利用された方は対象外