メニューを開く 検索

トップ »  医療ニュース »  2022年 »  運動器 »  腰痛、下肢痛に新規脊髄刺激療法が有効

腰痛、下肢痛に新規脊髄刺激療法が有効

従来の脊髄刺激療法と比較した二重盲検RCT

2022年01月27日 05:05

3名の医師が参考になったと回答 

イメージ画像 © Adobe Stock※画像はイメージです

 米・Cleveland ClinicのNagy Mekhail氏らは、慢性難治性腰痛および下肢痛を有する134例を対象に、誘発複合活動電位(ECAPs)を制御する閉ループ脊髄刺激療法(SCS)の有効性を検討する二重盲検ランダム化比較試験(RCT)を実施した。その結果、従来の固定出力の開ループSCSと比較して、閉ループSCSはベースラインから3カ月時および12カ月時だけでなく、24カ月経過時においても優れた疼痛緩和効果を示したとJAMA Neurol2022年1月8日オンライン版)に発表した。

…続きを読むにはログイン

新規会員登録はこちら

医師限定!初めてMedical Tribuneにご登録いただくと
500円分のポイントをもれなく進呈!
[有効期限]2月末まで/[対象外]既に会員の方、過去に利用された方

ワンクリックアンケート

30年ぶりの肥満症治療薬、ウゴービが遂に発売

トップ »  医療ニュース »  2022年 »  運動器 »  腰痛、下肢痛に新規脊髄刺激療法が有効