メニューを開く 検索 ログイン

デルタ株流行期の小児コロナ患者の特徴

COVIREGI-JPレジストリの解析

2022年01月27日 16:38

5名の医師が参考になったと回答 

 新型コロナウイルス感染症(COVID-19)流行の第五波では、感染力が強いとされる新型コロナウイルス(SARS-CoV-2)デルタ株が猛威を振るい、小児患者数も増加した。しかし、デルタ株流行期の小児患者の臨床的特徴や重症度については不明な点が多い。国立成育医療研究センター感染症科医長の庄司健介氏は、国立国際医療研究センターが運営している国内最大のCOVID-19のレジストリ「COVID-19 Registry Japan(COVIREGI-JP)」を用いて、日本で初めて小児COVID-19患者の特徴をデルタ株流行期とそれ以前とで比較検討。J Infect Chemother2022年1月19日オンライン版)に報告した(関連記事「国内のコロナ入院患児、大半が軽症か無症状」)。

…続きを読むにはログイン

新規会員登録はこちら

医師限定!初めてMedical Tribuneにご登録いただくと
500円分のポイントをもれなく進呈!
[有効期限]7月末まで/[対象外]既に会員の方、過去に利用された方

AIAIおすすめの記事もどうぞ

医師閲覧TOP10

ワンクリックアンケート

政府が日本版CDC「感染症危機管理庁」新設へ

トップ »  医療ニュース »  2022年 »  感染症 »  デルタ株流行期の小児コロナ患者の特徴