メニューを開く 検索 ログイン

診療報酬改定、患者利益のアウトカム重視

外保連試案2022

2022年01月27日 14:38

4名の医師が参考になったと回答 

 外科系学会社会保険委員会連合(外保連)は1月24日、第25回記者懇談会を開き、2022年度診療報酬改定における手術料改定の根拠として活用される「外保連試案2022」と2022年度診療報酬改定に対する要望のポイントを説明。外保連会長で埼玉県立病院機構理事長の岩中督氏は「最近の診療報酬改定は、対象となる医療技術について、患者利益となる転帰改善がどの程度見込めるかをより重視する流れに変化しつつある」と指摘。評価材料となるエビデンスの提示については、既存技術と比較した優越性を単に示すのではなく、「アウトカムベースのデータを示す必要がある」との私見を述べた。

…会員の方はこちらからログイン

新規会員登録はこちら

関連タグ

AIAIおすすめの記事もどうぞ

コメントは医師会員限定です

医師によるコメントは会員医師のみが閲覧することができます

新規登録はこちら

医師閲覧TOP10

ワンクリックアンケート

経口中絶薬の服薬に「配偶者同意が必要」とする厚労省見解について

トップ »  医療ニュース »  2022年 »  医療制度 »  診療報酬改定、患者利益のアウトカム重視

医師の方限定!
初めてMedical Tribuneにご登録いただくと
500円分ポイントをもれなく進呈

上記ボタンもしくは下記コードを登録時にご入力

MOD544043 有効期限:5月末まで

既に会員の方、過去に利用された方は対象外