メニューを開く 検索 ログイン

DCF療法、進行食道がん術前治療の標準に

第Ⅲ相JCOG1109 NExT試験

2022年01月28日 17:58

4名の医師が参考になったと回答 

 食道がんは、最大85%が食道扁平上皮がん(ESCC)を占める。多くは進行してから発見され、予後は不良である。国立がん研究センター中央病院頭頸部・食道内科科長/消化管内科科長の加藤健氏は、国内の局所進行ESCC患者を対象に、術前療法の標準治療であるシスプラチン+フルオロウラシル(5-FU)による化学療法(CF療法)、シスプラチン+5-FU+ドセタキセル(DCF療法)、またはシスプラチン+5-FU+放射線療法(CF-RT療法)の3群を比較した第Ⅲ相JCOG1109 NExT試験の主解析の結果を米国臨床腫瘍学会消化器がんシンポジウム(ASCO-GI 2022、1月20~23日、ウェブ併催)で発表。主要評価項目の全生存(OS)は、DCF療法群が標準治療であるCF療法群を有意に上回ったと報告した(関連解説記事:学会印象記「米国臨床腫瘍学会消化器がんシンポジウム(ASCO-GI 2022)」)。

…会員の方はこちらからログイン

新規会員登録はこちら

AIAIおすすめの記事もどうぞ

コメントは医師会員限定です

医師によるコメントは会員医師のみが閲覧することができます

新規登録はこちら

医師閲覧TOP10

ワンクリックアンケート

5月病の季節。周囲にいますか?

トップ »  医療ニュース »  2022年 »  学会レポート »  DCF療法、進行食道がん術前治療の標準に

医師の方限定!
初めてMedical Tribuneにご登録いただくと
500円分ポイントをもれなく進呈

上記ボタンもしくは下記コードを登録時にご入力

MOD544038 有効期限:5月末まで

既に会員の方、過去に利用された方は対象外