メニューを開く 検索 ログイン

オミクロン株への抗ウイルス薬の効果を確認

レムデシビル、モルヌピラビルが有望

2022年01月28日 17:04

69名の医師が参考になったと回答 

 新型コロナウイルス感染症(COVID-19)治療薬である抗体医薬や抗ウイルス薬のウイルス増殖抑制効果を培養細胞を用いて検討した結果、抗ウイルス薬レムデシビル、モルヌピラビルはオミクロン株の増殖を抑制することが示された、と東京大学医科学研究所ウイルス感染部門特任教授の河岡義裕氏らの研究グループが発表した。一部の抗体医薬は有効ではない可能性も示された。結果の詳細は、N Eng J Med(2022年1月26日オンライン版)に報告された。これまで、オミクロン株に対してCOVID-19治療薬が有効か否かは明らかでなかったことから、「今回の知見は医療現場における適切な治療薬の選択に役立つ」としている。

…会員の方はこちらからログイン

新規会員登録はこちら

AIAIおすすめの記事もどうぞ

コメントは医師会員限定です

医師によるコメントは会員医師のみが閲覧することができます

新規登録はこちら

医師閲覧TOP10

ワンクリックアンケート

先生の1日の平均睡眠時間は?

トップ »  医療ニュース »  2022年 »  感染症 »  オミクロン株への抗ウイルス薬の効果を確認

医師の方限定!
初めてMedical Tribuneにご登録いただくと
500円分ポイントをもれなく進呈

上記ボタンもしくは下記コードを登録時にご入力

MOD544201 有効期限:5月末まで

既に会員の方、過去に利用された方は対象外