メニューを開く 検索 ログイン

コロナ点滴薬、軽症者も対象 飲み薬は前倒し納入へ―後藤厚労相〔時事メディカル〕

2022年01月28日 16:44

2名の医師が参考になったと回答 

 後藤茂之厚生労働相は28日の閣議後記者会見で、主に重症患者向けの新型コロナウイルス点滴薬「レムデシビル」について、軽症者も使用できるようにしたと発表した。厚労省が診療の手引を改訂し、同日までに都道府県などへ通知した。

 厚労省によると、レムデシビルは抗ウイルス薬。これまで中等症から重症の患者に点滴投与されてきたが、重症化リスクがある軽症患者にも医師の判断で使える。オミクロン株への効果も期待されるという。

 後藤氏は、軽症者ら向けのコロナ飲み薬「モルヌピラビル」の納入時期を5万人分前倒しすると明らかにし、「治療薬を必要な方に確実に届けられるよう取り組む」と述べた。

(2022年1月28日 時事メディカル)

…会員の方はこちらからログイン

新規会員登録はこちら

AIAIおすすめの記事もどうぞ

コメントは医師会員限定です

医師によるコメントは会員医師のみが閲覧することができます

新規登録はこちら

医師閲覧TOP10

ワンクリックアンケート

先生の1日の平均睡眠時間は?

トップ »  医療ニュース »  2022年 »  時事メディカル »  コロナ点滴薬、軽症者も対象 飲み薬は前倒し納入へ―後藤厚労相〔時事メディカル〕

医師の方限定!
初めてMedical Tribuneにご登録いただくと
500円分ポイントをもれなく進呈

上記ボタンもしくは下記コードを登録時にご入力

MOD544204 有効期限:5月末まで

既に会員の方、過去に利用された方は対象外