メニューを開く 検索

トップ »  医療ニュース »  2022年 »  リウマチ・膠原病 »  RA治療、抗菌薬併用ならこのJAK阻害薬を

RA治療、抗菌薬併用ならこのJAK阻害薬を

バリシチニブの有効性を解説

2022年02月01日 05:15

8名の医師が参考になったと回答 

 関節リウマチ(RA)治療に用いるJAK阻害薬として、日本で保険適用されているものは5剤(トファシチニブ、バリシチニブ、ペフィシチニブ、ウパダシチニブ、フィルゴチニブ)あるが、適切な使い分けに苦慮するケースも少なくない。鎌ヶ谷総合病院(千葉県)副院長で整形外科主任部長の望月猛氏は、上記5剤のうちバリシチニブの有効性について検討。抗菌薬の併用が可能であり、JAK1/2を阻害し貧血や関節破壊を抑制できるなどの利点があることを第36回日本臨床リウマチ学会(2021年、12月18~19日)で示した(関連記事「過去の使用薬に縛られないJAK阻害薬を紹介」、「高齢者、腎機能障害例にはこのJAK阻害薬を」)。

…続きを読むにはログイン

無料でいますぐ会員登録を行う

【医師限定】

初回登録で500円分のポイントをもれなく進呈!

(4月末迄/過去ご登録のある方を除く)

  • ・ ご利用無料、14.5万人の医師が利用
  • ・ 医学・医療の最新ニュースを毎日お届け
  • ・ ギフト券に交換可能なポイントプログラム
  • ・ 独自の特集・連載、学会レポートなど充実のコンテンツ

ワンクリックアンケート

内臓脂肪減少薬アライがダイレクトOTCとして発売、懸念点は?

トップ »  医療ニュース »  2022年 »  リウマチ・膠原病 »  RA治療、抗菌薬併用ならこのJAK阻害薬を