メニューを開く 検索

"気象感受性"の慢性疼痛患者は2.3~11%

天気痛の新知見

2022年02月01日 16:19

27名の医師が参考になったと回答 

 気温や気圧などの気象は、慢性疼痛患者の疼痛の重症度に関連することが複数の研究で示され、気象関連痛(天気痛)として注目されている。しかし、そのほとんどは集団レベルで検討されており、個人の気象感受性の有無や程度が考慮されていなかった。そこで、英・University of ManchesterのBelay B. Yimer氏らは、英国の慢性疼痛患者を対象に、スマートフォンのアプリを用いた追跡調査の研究データを基に、毎日の疼痛の重症度と気温、気圧、湿度、風速との関連について検討。これらの気象パラメータと関連した疼痛の悪化が認められた患者の割合は2.3~11%で、一部のサブグループにおいてのみ気象感受性が認められたとする解析結果をPain Rep2022; 7: e963)に報告した(関連記事「天気痛には抗めまい薬の予防投与を!」)

…続きを読むにはログイン

新規会員登録はこちら

医師限定!初めてMedical Tribuneにご登録いただくと
500円分のポイントをもれなく進呈!
[有効期限]8月末まで/[対象外]既に会員の方、過去に利用された方

AIAIおすすめの記事もどうぞ

医師閲覧TOP10

ワンクリックアンケート

患者に向かって糖尿病を「とうにょう」と呼ぶことは問題か?

トップ »  医療ニュース »  2022年 »  運動器 »  "気象感受性"の慢性疼痛患者は2.3~11%