メニューを開く 検索

未治療大腸がんへのニボ、上乗せ効果示せず

第Ⅱ相試験CheckMate 9X8

2022年02月01日 18:46

2名の医師が参考になったと回答 

 転移性大腸がん(mCRC)の一次治療では、フッ化ピリミジン系薬を含むオキサリプラチンおよび/またはイリノテカン、血管内皮細胞増殖因子(VEGF)阻害薬ベバシズマブによる併用療法が標準治療となっている。米・University of Southern CaliforniaのHeinz-Josef Lenz氏らは、マイクロサテライト安定性(MSS)、高頻度マイクロサテライト不安定性(MSI-High)の未治療のmCRC患者を対象に、フルオロウラシル(5-FU)+ホリナート+オキサリプラチン(mFOLFOX6)+ベバシズマブ併用への抗PD-1抗体ニボルマブの上乗せ効果を検証した第Ⅱ相試験CheckMate 9X8の結果を、米国臨床腫瘍学会消化器がんシンポジウム(ASCO-GI 2022、1月20~22日、ウェブ併催)で発表。主要評価項目の無増悪生存(PFS)において、ニボルマブ上乗せによる有意な延長は認められなかったと報告した。

…続きを読むにはログイン

新規会員登録はこちら

医師限定!初めてMedical Tribuneにご登録いただくと
500円分のポイントをもれなく進呈!
[有効期限]8月末まで/[対象外]既に会員の方、過去に利用された方

AIAIおすすめの記事もどうぞ

医師閲覧TOP10

ワンクリックアンケート

コロナ第7波到来。今年のお盆の予定は...

トップ »  医療ニュース »  2022年 »  がん »  未治療大腸がんへのニボ、上乗せ効果示せず