メニューを開く 検索

がん放射線療法、照射時間帯で副作用に差

“時間治療”の有用性を検討

2022年02月02日 05:00

31名の医師が参考になったと回答 

 生体には体内時計が存在し、種々の生体リズムを制御している。薬物動態や薬力学(PK/PD)にも日内リズムが影響を及ぼすことが知られており、服薬などのタイミングを生体の日内変動リズムに合わせて行う"時間治療(クロノセラピー)"が注目されている。筑波大学腎泌尿器外科准教授の根来宏光氏は、第42回日本臨床薬理学会(2021年12月9~11日、ウェブ併催)で講演。前立腺がん患者に対する放射線療法の照射時間帯の違いにより、副作用の出現頻度が異なるとする研究結果を報告した。

…続きを読むにはログイン

新規会員登録はこちら

医師限定!初めてMedical Tribuneにご登録いただくと
500円分のポイントをもれなく進呈!
[有効期限]8月末まで/[対象外]既に会員の方、過去に利用された方

AIAIおすすめの記事もどうぞ

医師閲覧TOP10

ワンクリックアンケート

コロナ第7波到来。今年のお盆の予定は...

トップ »  医療ニュース »  2022年 »  放射線 »  がん放射線療法、照射時間帯で副作用に差