メニューを開く 検索

眼底検査で将来の循環器疾患リスクを予測

軽度高血圧性網膜症で24%高い

2022年02月02日 15:21

5名の医師が参考になったと回答 

イメージ画像 © Adobe Stock ※画像はイメージです

 国立循環器病研究センター病院健診部特任部長の小久保喜弘氏らは、都市部地域住民を対象としたコホート研究・吹田研究において、軽度高血圧性網膜症と将来の循環器病発症リスクとの関連を検討。その結果、軽度高血圧性網膜症患者の循環器疾患発症リスクは正常者より24%有意に高く、眼底検査が将来の循環器疾患発症リスクの予測に有用である可能性が示されたと、J Atheroscler Thromb2022年1月15日オンライン版)に発表した。

…続きを読むにはログイン

新規会員登録はこちら

医師限定!初めてMedical Tribuneにご登録いただくと
500円分のポイントをもれなく進呈!
[有効期限]8月末まで/[対象外]既に会員の方、過去に利用された方

AIAIおすすめの記事もどうぞ

医師閲覧TOP10

ワンクリックアンケート

患者に向かって糖尿病を「とうにょう」と呼ぶことは問題か?

トップ »  医療ニュース »  2022年 »   »  眼底検査で将来の循環器疾患リスクを予測