メニューを開く 検索

動脈瘤性SAH、12.5時間以内の治療開始が至適

2022年02月03日 17:30

13名の医師が参考になったと回答 

イメージ画像 © Getty Images ※画像はイメージです

 動脈瘤性くも膜下出血(SAH)の治療において、患者のアウトカムの最大化につながる発症から治療開始までの至適時間は明確に示されていない。オーストラリア・University of TasmaniaのMarie-Jeanne Buscot氏らは、同国の三次医療施設に搬送された動脈瘤性SAH患者のデータを用いた後ろ向きコホート研究を実施。発症から12.5時間以内に治療が開始された患者において、自宅退院率および12カ月生存率の改善が認められたとする解析結果をJAMA Netw Open2022; 5: e214403)に発表した。

…続きを読むにはログイン

新規会員登録はこちら

医師限定!初めてMedical Tribuneにご登録いただくと
500円分のポイントをもれなく進呈!
[有効期限]8月末まで/[対象外]既に会員の方、過去に利用された方

AIAIおすすめの記事もどうぞ

医師閲覧TOP10

ワンクリックアンケート

患者に向かって糖尿病を「とうにょう」と呼ぶことは問題か?

トップ »  医療ニュース »  2022年 »  循環器 »  動脈瘤性SAH、12.5時間以内の治療開始が至適