メニューを開く 検索 ログイン

新型コロナ感染で早産・死産リスク上昇

スコットランドの前向きコホート研究

2022年02月03日 16:35

3名の医師が参考になったと回答 

 妊娠中の新型コロナウイルス(SARS-CoV-2)感染は重症化リスクが高く、子癇前症や早産といった合併症のリスク上昇が懸念されるが、妊婦のワクチン接種とSARS-CoV-2感染に関する疫学データは乏しい。英・University of Edinburgh Usher InstituteのSarah J. Stock氏らは、スコットランド全域にわたる大規模前向きコホート調査を実施。SARS-CoV-2に感染した妊婦は早産および周産期死亡(死産および生後28日以内の死亡)の割合が高かったことをNat Med2022年1月13日オンライン版)に報告した。

…続きを読むにはログイン

新規会員登録はこちら

医師限定!初めてMedical Tribuneにご登録いただくと
500円分のポイントをもれなく進呈!
[有効期限]7月末まで/[対象外]既に会員の方、過去に利用された方

AIAIおすすめの記事もどうぞ

医師閲覧TOP10

ワンクリックアンケート

10日の参院選、投票に行きますか?

トップ »  医療ニュース »  2022年 »  感染症 »  新型コロナ感染で早産・死産リスク上昇