メニューを開く 検索 ログイン

精神科のポリファーマシー問題に必要な対策

2022年02月04日 10:25

23名の医師が参考になったと回答 

 複数の薬物を同時に服用すると、薬剤の相互作用により効果が減弱・増強したり、有害事象が発生したりする。こうした薬物相互作用は多剤併用が日常的に行われている精神科で時に問題になる。熊本大学大学院生命科学研究部薬物治療設計学講座教授の猿渡淳二氏は、第42回日本臨床薬理学会(2021年12月9~11日、ウェブ併催)で、精神科におけるポリファーマシーに伴う薬物相互作用や有害事象リスクの上昇の問題などについて解説。こうした問題を避けるために、薬剤師には情報を臨床医に積極的に伝えるなどの取り組みも求められると述べた。

…続きを読むにはログイン

新規会員登録はこちら

医師限定!初めてMedical Tribuneにご登録いただくと
500円分のポイントをもれなく進呈!
[有効期限]6月末まで/[対象外]既に会員の方、過去に利用された方

AIAIおすすめの記事もどうぞ

医師閲覧TOP10

ワンクリックアンケート

政府が日本版CDC「感染症危機管理庁」新設へ

トップ »  医療ニュース »  2022年 »  精神疾患 »  精神科のポリファーマシー問題に必要な対策