メニューを開く 検索 ログイン

トファシチニブ、TNF阻害薬よりがんなど増

ORAL Surveillance試験で非劣性示せず

2022年02月07日 16:35

6名の医師が参考になったと回答 

 米・Mayo ClinicのSteven R. Ytterberg氏らは、関節リウマチ(RA)患者4,000例超を対象にした非盲検非劣性試験ORAL SurveillanceでJAK阻害薬トファシチニブの安全性を腫瘍壊死因子(TNF)阻害薬と比較。その結果、主要心血管イベント(MACE:心血管死、非致死性心筋梗塞、非致死性脳卒中の複合)および非メラノーマ皮膚がんを除くがんの発生率に関して、トファシチニブのTNF阻害薬に対する非劣性は示されなかったとN Engl J Med2022; 386: 316-26)に発表した。(関連記事「3剤の添付文書に重大な副作用を追記」)

…続きを読むにはログイン

新規会員登録はこちら

医師限定!初めてMedical Tribuneにご登録いただくと
500円分のポイントをもれなく進呈!
[有効期限]7月末まで/[対象外]既に会員の方、過去に利用された方

AIAIおすすめの記事もどうぞ

医師閲覧TOP10

ワンクリックアンケート

政府が日本版CDC「感染症危機管理庁」新設へ

トップ »  医療ニュース »  2022年 »  リウマチ・膠原病 »  トファシチニブ、TNF阻害薬よりがんなど増