メニューを開く 検索 ログイン
Oncology Tribune

肝転移病変におけるICI耐性機序を解明

2022年02月07日 17:57

2名の医師が参考になったと回答 

 抗PD-1/PD-L1抗体による免疫療法は、さまざまながんの治療に用いられるようになった。しかし、治療効果が得られない症例も多く、その原因解明や治療効果の改善が求められている。国立がん研究センター研究所細胞情報学分野/同先端医療開発センター免疫トランスレーショナルリサーチ分野の熊谷尚悟氏らは、肝転移病変における抗PD-1/PD-L1抗体への耐性機序を解明、Cancer Cell2022年1月25日オンライン版)に報告した。

…続きを読むにはログイン

新規会員登録はこちら

医師限定!初めてMedical Tribuneにご登録いただくと
500円分のポイントをもれなく進呈!
[有効期限]7月末まで/[対象外]既に会員の方、過去に利用された方

AIAIおすすめの記事もどうぞ

医師閲覧TOP10

ワンクリックアンケート

政府が日本版CDC「感染症危機管理庁」新設へ

トップ »  医療ニュース »  2022年 »  がん »  肝転移病変におけるICI耐性機序を解明