メニューを開く 検索 ログイン

クロザピンのモニタリング基準を緩和

国内唯一の治療抵抗性統合失調症治療薬

2022年02月09日 14:57

6名の医師が参考になったと回答 

 治療抵抗性統合失調症治療薬クロザピン(商品名クロザリル)についてクロザリル適正使用委員会(委員長=山内俊雄氏)は1月24日、クロザリル患者モニタリングサービス(CPMS)の基準緩和を求める要望書への回答を日本精神神経学会など関連4学会に連絡。同学会などが2月4日までに公式サイトで公表した。クロザピンは、治療抵抗性統合失調症への適応を有する国内で使用できる唯一の治療薬だが、無顆粒球症や血糖値上昇といった副作用の発現リスクがあり、頻回なモニタリングが義務付けられている。そのため、必要な患者に必ずしも投与されていなかった。(関連記事「添付文書改訂で進むかクロザピンの普及」)

…会員の方はこちらからログイン

新規会員登録はこちら

AIAIおすすめの記事もどうぞ

コメントは医師会員限定です

医師によるコメントは会員医師のみが閲覧することができます

新規登録はこちら

医師閲覧TOP10

ワンクリックアンケート

先生の1日の平均睡眠時間は?

トップ »  医療ニュース »  2022年 »  精神疾患 »  クロザピンのモニタリング基準を緩和

医師の方限定!
初めてMedical Tribuneにご登録いただくと
500円分ポイントをもれなく進呈

上記ボタンもしくは下記コードを登録時にご入力

MOD544358 有効期限:5月末まで

既に会員の方、過去に利用された方は対象外