メニューを開く 検索 ログイン

二重特異性抗体faricimab、眼科領域で好成績

加齢黄斑変性、DMEで治療間隔を4カ月に延長

2022年02月10日 05:00

2名の医師が参考になったと回答 

 眼科領域における初の二重特異性抗体faricimab。同薬は網膜疾患の要因となるアンジオポエチン-2(Ang-2)と血管内皮増殖因子-A(VEGF-A)が関与する2つの異なる経路を標的としており、昨年(2021年)6月に糖尿病黄斑浮腫(DME)および新生血管を伴う加齢黄斑変性(nAMD)を適応として承認申請が行われている(関連記事「糖尿病黄斑浮腫および加齢黄斑変性でfaricimabが国内承認申請」)。両疾患を対象とした同薬の複数の第Ⅲ相試験の1年時点における解析結果がLancetに報告。半数の症例で投与間隔を4カ月に延長することができた。

…続きを読むにはログイン

新規会員登録はこちら

医師限定!初めてMedical Tribuneにご登録いただくと
500円分のポイントをもれなく進呈!
[有効期限]7月末まで/[対象外]既に会員の方、過去に利用された方

AIAIおすすめの記事もどうぞ

医師閲覧TOP10

ワンクリックアンケート

政府が日本版CDC「感染症危機管理庁」新設へ

トップ »  医療ニュース »  2022年 »   »  二重特異性抗体faricimab、眼科領域で好成績